2018年 11月 15日 (木)

<1年前のワイドショー>19年ぶり日本出身横綱に沸いた去年初場所!その稀勢の里が引退危機

印刷

   19年ぶりの日本出身横綱の誕生に、ワイドショーは沸きかえった。<稀勢の里「武骨伝説」ケータイいじらない、私生活明かさない、力士ともだち作らない>(「あさチャン!」)、<「きせのん」あす横綱!地元は大盛り上がり・・・行きつけ中華料理店はエビチリ無料>(「とくダネ!」)、<大丈夫かな・・・優しすぎる横綱!昇進決まっても稀勢の里「またスタートです」>(「スッキリ!!」)、<稀勢の里、満場一致で横綱昇進 伝達式では四字熟語なし>(「モーニングショー」)と、人となりから私生活まで事細かに伝えた。

   ところが、横綱としての初の場所となった3月場所13日目に日馬富士に寄り倒された際に左肩と左腕を負傷し、それでもこの場所はなんとか優勝したが、その後は休場が続いている。進退がかかる今場所(2018年初場所)は、7日目まで

テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中