2018年 11月 17日 (土)

東国原英夫「開設手続き中だった」 危うくコインチェックの被害者に?

印刷

   元宮崎県知事の東国原英夫氏は2018年1月27日、ツイッターを更新し、「ビットコインチェック(編注:コインチェックを指す)でイーサリアムを購入する為に、先週から、口座の開設手続きをしている最中だった」と明かした。

   仮想通貨取引所大手「コインチェック」をめぐっては1月26日、不正アクセスにより仮想通貨580億円相当が流出。同社の発表では約26万人分の仮想通貨「NEM(ネム)」が被害に遭い、28日夕現在、取引や入出金が停止されている。

   コインチェックは被害者全員に日本円で返金すると発表したが、補償時期や手続きの方法は「現在検討中」。各メディアによると、金融庁は同社に対し改正資金決済法に基づく業務改善命令を出す方針だという。

   東国原氏は、マネージャーに「『コインチェックは出川君がCMしてるぞ。大丈夫か?(笑)』なんて冗談を言っていた」ともつぶやいており、「何れにしろ、購入する前で良かった」と安堵した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中