2018年 11月 18日 (日)

「とくダネ!」にBPOからきついお灸!放送倫理違反に小倉智昭も言葉なし・・・

印刷

   「とくダネ!」が昨年(2017年)の2つの「誤報」で、BPO(放送倫理・番組向上機構)からきのう8日(2018年2月)、きついお灸をすえられた。昨年7月27日に、医師法違反事件で逮捕された容疑者として、まったく別の男性のインタビューを放送。また、8月28日には、放送時点では書類送検されていなかった京都府議会議員を「書類送検された」と事実と異なる放送をしていたのだ。

   BPOの放送倫理検証委員会は「事実に反する報道」で視聴者に誤った情報を伝えたこと、さらに「十分な裏付けがないまま誤った情報」を伝えたことは、事実の基づいて放送し公正でなければならないと定めた日本民間放送連盟の放送基準などに抵触しているとして、「放送倫理違反」があったという判断を示した。

梅津弥英子キャスターが「重く、かつ真摯に受け止めております」

tv_20180209125015.jpg

   梅津弥英子キャスターは「『とくダネ!』では今回の決定を重く、かつ真摯に受け止めております。去年の問題発生から取り組んでいますが、今後、再発防止の意識、並びに刑事事件に対する専門知識を高め、信頼できる番組作りに努めてまいります。よろしくお願いいたします」と述べ、渋面の司会の小倉智昭と深々と頭を下げた。

   小倉のコメントはなし。いや、コメントのしようがなかったのだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中