「髙梨沙羅」視聴率は金メダル!地元・札幌では38・4%の大ジャンプ

印刷

   12日夜(2018年2月)に行なわれた平昌オリンピック女子ジャンプで、髙梨沙羅は銅メダルと、本人もかなり残念そうだったが、競技を生放送したテレビ視聴率では立派な金メダルだった。

   髙梨のジャンプはNHK「ピョンチャンオリンピックデイリーハイライト」で生放送され、番組の平均視聴24・8%(関東地区)と、深夜としては非常に高かった。とくに、髙梨の地元・札幌では38・4%と、40%に迫る"大ジャンプ"だった。瞬間最高は最終ジャンパーが跳び終え、髙梨の銅メダルが確定した11時47分で、28・5%(関東地区)を記録した。

高木美帆「銀メダル」の瞬間も19・3%

   女子ジャンプの直前に行なわれたスピードスケート女子1500メートルはテレビ東京系が生中継し、高木美帆が銀メダルをとった瞬間は19・3%(関東地区)だった。

   平昌五輪の日本選手が出場する競技の多くをNHK・BS1が生中継していて、こちらの視聴率も加えると、髙梨、高木、男子モーグルの銅メダリスト原大智の活躍を、さらに多くの人々がテレビの前で応援していたことになる。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中