2018年 7月 17日 (火)

中川翔子の「意外な本名」とは 「しょうこ」ではなく...

印刷

   声優・タレントの中川翔子が16日(2018年2月)にツイッターを更新し、本名をめぐるエピソードを伝えた。

   中川は数え年で今年34歳。後厄のお祓いのため大宮八幡宮を訪れたという。投稿では「お名前は しようこ さまで正しいですか?」とお祓いの時に確認を取られたことに対し、泣く顔文字付きで、

「そうなんです よ が大きいんです」

と述べた。この投稿についてファンからは、「唯一無二」「世界にひとつしかない名前」とのコメントが寄せられている。

   実は、中川の本名は「し『ょ』うこ」ではなく「し『よ』うこ」。その由来については、本人が17年12月11日放送の「ごごナマ」(NHK)などの出演番組でで明かしている。

   この番組によると、中川の母親が出生届けの名前欄に薔子(しょうこ)と記述して提出したところ、「薔」の漢字が常用漢字・人名漢字でなかったため受理されなかった。

   これに立腹した母が名前欄にひらがなで「しょうこ」と殴り書きし、出生届を再提出。このときに「よ」が大文字で登録されていたという。ちなみに、中川がこの事実に気付いたのは成人後だそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中