2018年 9月 19日 (水)

レスリング女子「パワハラ告発騒動」伊調馨は選手続けられるのか?

印刷

   オリンピック4連覇を達成し国民栄誉賞を受賞したレスリング女子の伊調馨選手(33)が、恩師であるの栄和人・日本レスリング協会強化本部長(57)からパワハラ行為を受けていたという「週刊文春」(3月8日号)の記事でワイドショーは大騒ぎだが、関係者の話はそれぞれに違っていて藪の中だ。

   内閣府公益認定等委員会に告発状を提出した貞友弁護士は、「一番驚いたのは、(栄氏は伊調の)コーチだけでなく練習場も奪うわけですよ。彼女はナショナルトレーニングセンターで一人で練習していた」といい、告発状の作成に協力した協会の元ナショナルコーチも「ビビット」の取材に「(栄氏のパワハラは」レスリング界の人はほぼ全員知っている。栄さんがそういう形で(金メダリストを)独占したいというのは、ここ数年明らか・・・」と話す。

   しかし、渦中の伊調は告発状には関与していないと説明している。

   告発された栄氏は「圧力をかけたことは僕の中では一切やっていない。彼女が感じたのなら誤解だ。言葉足らずだったのかなと申し訳なく思っています」と反論し、協会も「伊調選手の練習環境を不当に妨げ、制限した事実はない」と否定している。

「現役を続けるとすると、栄体制の下でやるしかないので・・・」

tv_20180302162612.jpg

   気になるのは、伊調がこのまま選手を続けられるのかどうかだ。伊調は「田南部コーチがああいう状況(追放状態)ですし、また誰かに迷惑をかけるのではないかと思っています。それに現役を続けるとすると、栄体制の下でやるしかないので・・・」と消極的な答えが返ってきた。

   司会の国分太一「栄さんとは何度も会っていますが、明るくてレスリングに対して熱を持っているひとです。正直、(パワハラは)本当かなと思ってしまいます」

   はっきりしていることは、伊調やその周辺とレスリング協会との間に、選手生命を危うくするようなトラブルがあったということだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中