2018年 11月 19日 (月)

内閣府が伊調馨やコーチから「パワハラ」聞き取り!代表選考も恣意的だった

印刷

   日本レスリング協会の栄和人強化本部長らが伊調馨選手やコーチをつとめていた田南部力さんにパワハラをしていたと告発されている問題で、おととい12日(2018年3月)から内閣府の聞き取り調査が始まっている。きのうは伊調も調査を受けた。

同席した弁護士「告発状をはるかに超える実態」

   告発状の提出に関わり、聞き取り調査に同席した貞友義典弁護士は「驚きを隠せない内容」だったという。「田南部氏は私が告発状に書いた内容をはるかに超える練習妨害やパワハラの実態を具体的に訴えられました」「女子の代表選考が恣意的に行われているという実態も具体的に話されています」と話す。

野上慎平アナ「ただ、その驚くべき内容は具体的には明かされていません。いつ発表されるのか気になりますし、レスリング協会への聞き取りがいつ行われるのかも注目されます」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中