2018年 5月 21日 (月)

安倍昭恵夫人の証人喚問どうなる?「応じたら政権もたない」政府・自民党は絶対拒否

印刷

   自民党は財務省の佐川宣寿・元理財局長の国会証人喚問に応じたが、野党が要求しているもう一人、安倍昭恵夫人の喚問はなにがなんでも拒否する構えだ。「昭恵夫人も出て、全部語ってもらった方がいい」(ジャーナリストのモーリー・ロバートソン)、「昭恵さんは出さないとかではなく、はっきりさせた方がいいと思うけどなあ」(司会の加藤浩次)という声が強いが、昭恵夫人を呼ぶと「思いがけない発言が飛び出して、事態が発展してしまう可能性があります」と日本テレビの青山和弘・官邸キャップはこう解説する。

tv_20180315121130.jpg

   「問題がさらに拡大すれば、政権のダメージになりかねません。ただ、昭恵氏が森友学園の名誉校長になっていたことは事実で、野党は追及を強めるでしょう」

   昭恵夫人が証人席に立てば、「夫の安倍首相は奥さんを人身御供にして政権にしがみついている」と言われかねない。そうなったら、政権はもうもたない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中