2018年 5月 28日 (月)

「妻に聞いたら否定してました」それで通るか!?安倍首相―昭恵夫人の喚問拒否

印刷

   佐川宣寿・元理財局長の証人喚問が行われることになったが、野党が強く求めている安倍首相の妻の昭恵夫人の国会招致のついては政府・与党は強く拒否している。

   改ざん前の決済文書に、森友学園側から「昭恵夫人からは『いい土地ですから前に進めてください』とのお言葉をいただいた」と記載されたことについて、安倍首相は「妻に確認したら、そのようなことは申し上げていないということだった」「書き換え前の文書を見ても、私や私の妻が関わっていないことは明らか」と答弁している。

   また、太田充理財局長は「佐川局長の関与と言いますか、それが大きかったと思います」と佐川元局長にすべての責任を押し付けた。

佐川までで責任問題止めろ

tv_20180315144714.jpg

   司会の国分太一「佐川さんに傾斜してきたように思えるのですがねえ」

   流通経済大学の龍崎孝教授(元TBS政治部長)次のように解説した。「安倍政権としては、この問題の責任が拡大していくことが一番怖いんです。財務省全体でやったとなると、麻生さんの責任も問われる。佐川さんが局長をしていた理財局という一つの世界に押し込め、佐川さん一人に責任の範囲を止めておくことで、自分たちの身を守ろうとしているわけです」

   佐川元局長は国税庁長官まで上り詰めたエリート中のエリートだが、永田町・霞が関ではトカゲのしっぽに過ぎなかったのだ。いや、佐川氏は財務省のパワハラ幹部リスト「恐竜番付」の常連だったというから、恐竜のしっぽ切りかな。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中