2018年 7月 23日 (月)

ロシア大統領選挙の露骨すぎる不正投票をスクープ 3回も投票する男、選挙管理委員まで...

印刷

   ロシアの大統領選挙はプーチン氏が過去最高の76.6%の得票率で圧勝した。「しかし、不正投票疑惑が浮上しています」と、司会の羽鳥慎一があきれた実態を伝えた。

   チェチェン共和国の投票所。男性が投票用紙を2つ持ち、2回投票した。数分後に再び現れて3回目の投票をするのだからすごい。モスクワでは、監視役のはずの選挙管理委員の女性が周囲をうかがいながら投票用紙を交換し、他のスタッフから別の用紙を受け取って、何事もなかったように投票していた。

「こういうことが現代で起こるとは」

tv_20180320113106.jpg

   この映像が流れると「モーニングショー」のスタジオは一瞬静まり返ってしまった。

   玉川徹(テレビ朝日社員)「こういうことが現代で起こるとは。ロシアってこういう国としかいいようがない」

   菅野朋子(弁護士)「民主主義になったといっても、違うんですね」

   青木理(ジャーナリスト)「ロシアがこういう状態で、中国では習近平氏を終身国家主席にする、米国ではトランプ政権である種の独裁、国家主義が猛威を振るっている」

   羽鳥「まったくそうですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中