2018年 9月 25日 (火)

国会審議で催涙ガス投げ込み当り前!?議員はガスマスク持参

印刷

   東ヨーロッパのコソボの国家議事堂で21日(2018年3月)、とんでもない乱闘審議があった。議員席の野党議員が採決を阻止するため、催涙ガスの冠を次々と投げ始めたのだ。議場は煙に包まれたが、一部の議員が締め出して採決は行われた。

以前から妨害行為

tv_20180323130806.jpg

   コソボの国会では以前から催涙ガスによる妨害行為が相次いでおり、今回はガスマスクをつける議員もいた。

   司会の羽鳥慎一「なんで(マスクなんかを)つけてるなと思ったら、みんな自分で持ってきてるんです」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「すごいね。想定内の事態だったんだ。ひどいね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中