2018年 7月 19日 (木)

首の皮1枚でつながった貴乃花!「一から出直します」とひたすら謝罪

印刷

   相撲協会と対立してきた貴乃花親方が一転、きのう28日(2018年3月)の年寄総会で、日馬富士暴行事件以来の対応を謝罪した。「反省しています。すべて私の責任です」という言い方で、弟子の貴公俊が付け人に暴力を振るったことをふくめて頭を下げた。

   非公開で行われた総会は、「殺気だっていた」「契約解除が妥当という親方もいた」というものだった。貴乃花一門の親方衆が契約解除だけは避けてほしいという文書を出し、最後は「一から出直しということでまとまった」(玉垣親方)という。

相撲協会の改革はグダグダ

tv_20180329130610.jpg

   司会の加藤浩次「貴乃花は主張してきた改革より、弟子を守ったと見えてしまいますね。改革の考え方は間違っていないように思いますがねえ」

   松嶋尚美(タレント)「協会もグダグダしていましたよね。(貴乃花)一人だけ処分するのはどうかなあ」

   加藤「改革が止まってしまうように、僕なんか思うなあ」

   モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)は「暴力問題よりも、貴乃花のことが議論されていましたよね。相撲協会は世界のカルチャーに目を向けないと体質改善はあり得ませんね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中