裏山が崩れた!上の方で音がした直後に大崩落―3棟埋まり6人不明

印刷

   大分・中津市の耶馬溪町の山間でけさ11日午前3時50分ごろ(2018年4月)、裏山が崩落して民家3棟が土砂に埋まり住民6人の行方がわからなくなっている。

   現場は川と山に挟まれた集落で、裏山が高さ約50メートル幅約100メートルにわたって崩れ、大量の土砂で4棟の民家のうち3棟が完全に埋まった。ここ数日雨は降っておらず、なぜ裏山が大規模に崩落したか分からないという。

消防員が手作業で救出活動

tv_20180411125801.jpg

   大分県は自衛隊に災害救助を要請したが、大型重機が入れず、消防隊員らが手作業による救助活動を行っている。

   司会の羽鳥慎一によると「『(裏山の)上の方から音がし、崩落が起きた』と通報があったようです」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中