2018年 6月 21日 (木)

トランプ大統領に足元見られた安倍首相!拉致問題、ミサイル・核・・・すべて二の次

印刷

   朝鮮半島の南北首脳会談、米朝首脳会談、中朝首脳会談と、極東情勢が大きく動くなか、日本は完全に置いてきぼりになっているが、日米首脳会談でもケンモホロロだったらしい。テレビ朝日の山下達也・ワシントン支局長はこう伝えた。

   「トランプ大統領は、拉致問題は北朝鮮に拘束されている米国人3人の問題が先、ミサイルは放棄ではなく一時停止、(貿易問題は)関税や拉致問題で日本の要望を取り入れる代わりに、2国間によるFTA(自由貿易協定)の交渉開始すると迫るということのようです」

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「日本にとって非常に厳しい内容になるのではないかなと感じていました。(トランプ大統領は)これまで北朝鮮問題で助言を求めてきたりしていましたが、日本がいなくてもできると自信を深めてきている気がします」

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中