2018年 9月 26日 (水)

千葉県流山で通り魔事件 58歳男性が何者かに背中刺される 犯人は男か女かも不明

印刷

   先週金曜の20日夜(2018年4月)、千葉県流山市の路上で会社員の男性(58)が何者かに刃物のようなモノで背中を刺され、一時意識不明の重体となった。犯人は自転車で逃走したと見られる。警察は「通り魔」事件の疑いがあるとみて、特別捜査本部を設置し、逃走した人物の行方を追っている。

「痛いと思ったら、左から自転車が通りすぎた」

   被害者は「痛いと思ったら、左から自転車が通りすぎた」と語っている。事件現場は、東武野田線の初石駅から約300メートル離れた住宅街。事件発生当時、人通りはほとんどなかった。

   田中良幸リポーター「被害者は走り去る自転車を目撃しましたが、暗かったため顔を識別できず、男女、年齢もまったくわからないんですよ」

   とくダネ!が取材を進めると、昨日(22日)の朝、現場近くの公園で不審な男が目撃されていたそうだ。

    「子供が自転車に乗った若い男に道を聞かれたらしいんです。そのときにナイフが見えたそうです」と近所の住民が話してという。23日朝、犯人はまだ捕まっていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中