2018年 12月 11日 (火)

千鳥ノブも思わずツッコミ! 麒麟川島が収録で見た「斬新すぎる注意事項」

印刷

   お笑いコンビ「麒麟」の川島明が24日(2018年4月)ツイッターを更新し、出演したラジオ番組の収録時の注意事項が「斬新すぎる」と驚きをつづった。

   川島は「久しぶりに麒麟でラジオ収録。斬新すぎる注意事項」とツイートし、ラジオの収録で使用したと思われる台本の一部を映した写真を掲載。そこにはフリートークで守ってほしい注意点として

「1.どちらが回しても構いません。
2.エピソードトークは不要です。
3.オチもとくに必要ありません」

の3つが挙げられていた。

   このツイートに対しては、お笑いコンビ千鳥のノブも「笑!逆に難しい!!」とリプライ。こうしたノブの反応に対して、川島は、

「オチがつきそうになったらあわてて『っすねぇ』と急ブレーキかけてました」

と返信していた。

   2人のやり取りを受けてツイッターでは、

「ある種の罰ゲームみたいな注意事項(笑)」
「台本のクセ!!」
「この注意点芸人にとって一番酷なものじゃないですか?」

などの反応が寄せられている

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中