2019年 10月 23日 (水)

埼玉県と茨城県でエスカレートする放火事件 ついに85歳の女性が焼死

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   埼玉県と茨城県で不審火が続いている。4月27日(2018年)に一晩で3件起きたが、ゴールデンウイーク中は一気に増え、5月2日には埼玉県吉川市で85歳の女性が焼死した。きのう7日も、埼玉県熊谷市で木造住宅が全焼した。

消防車が出払ってしまうことを狙った愉快犯か

tv_20180508111531.jpg

   どの火事も明け方から未明にかけて、短時間に狭い範囲で複数回発生している。1日のさいたま市では10分間に3カ所、6日の茨城県守谷市では7分間に2件。元警視庁刑事の吉川祐司さんは「エスカレートしている。同じ人物による放火の可能性が高い」という。

   2日の火事は、午前1時6分から1時13分の間に3件つづいた後、3時間以上たった午前4時16分に2キロ離れた場所で4件目が起きた。「3件起きると消防車が出払ってしまう。火の手を拡大させる愉快犯的なやり方だ」と警察ではみており、特別捜査班を設置した。

 

   司会の小倉智昭「どう考えても放火としか思えない。卑劣な犯罪です」

 

   中江有里「卑劣なことは一刻も早くやめてほしい」

 

   やめてほしいのは当たり前だ。もう少しましなコメントはないのかね。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中