2018年 10月 21日 (日)

「山口・岩国のシロヘビ」恋愛成就にご利益!拝んだ途端に恋人できたNHKアナ

印刷

   「JAPA-NAVI」コーナでモデルの三戸なつめが松岡孝行アナウンサーと山口県を訪れた。岩国で神の使いとされている色素のないシロヘビは突然変異で生まれ、国の天然記念物に指定されている。岩国市はシロヘビを集めて交配させ、守り続けてきた。現在、市内5か所の施設で約1000匹を飼育している。

頭にハート形模様の「ラブちゃん」

   飼育されている赤ちゃんシロヘビの中に、頭にハート型の模様があるヘビがいる。「ラブちゃん」といい、恋愛成就にご利益があるとしてイベントに引っ張りだこだ。

   ラブちゃんに向かって「結婚できますように」と手を合わせていた松岡アナが、スタジオで「さっそく恋愛成就のご利益がありました」と報告を始めた。「ロケに行ったのが1か月ほど前なんですが、そこから恋人ができました」

   三戸「ずるい。私何もなかったですよ」

   この日は、国会で柳瀬唯夫・元首相秘書官らの参考人招致があり、「あさイチ」は8時55分までの短縮放送だったが、松岡アナは「もともと友だちだったんですが・・・」と、恋人自慢が止まらない。

   博多大吉キャスター「ただでさえ時間ないのに!」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中