2018年 9月 19日 (水)

「車の中に子どもがいたら、窓ガラス割ります」 パチンコ店のポスターに圧倒的称賛の声

印刷

   すやすやと眠る赤ちゃんの写真の横に記された「絶対にヤメて!子供の車内放置」という文字。その下には「お子様の車内放置を発見した場合は、救出のため車の窓ガラスを割る場合があります」というメッセージがある。

炎天下の車内、1時間で目玉焼きができる

tv_20180514121634.jpg

   これに対し「全くもって同意します」「窓は金で買える。車は金で直せる。でも、赤ちゃんの命は金では取り戻せない」など好意的なコメントが寄せられ、その数は1週間あまりで1万件を超えた。

   パチンコの業界団体によると、パチンコ店駐車場での車内放置による子供の死亡事故は、1998年以降に30件発生している。

   炎天下の車内温度の変化を検証するJAFの実験映像では、スタート時25度だった車内温度は5分後に10度以上も上昇。ダッシュボードに割った生卵とクレヨンを置いた実験では、開始から1時間で車内温度は70度を超え、クレヨンはドロドロに溶けて、卵は目玉焼き状態になった。

   ポスターを作ったパチンコチェーン「マルハン」では、全店舗で1日に何度も駐車場の見回りがある。車内放置を発見した場合には、声かけで子どもの状態を確認。もし意識がなければ、110番と119番通報をし、車用の窓ガラスハンマーで窓ガラスを割り、救出をする。

   ところで、他人の車を壊すわけだが、この場合の損害賠償は? 割れた窓ガラスで子どもがケガをしてしまったら?

   住田裕子弁護士によると「子どもの命を救うためにやむを得ずとった行為は、原則として罰せられない。一般人が同様の行為をしても罰せられない」という。

   住田裕子「犯罪にはならないし、民事でも緊急避難と同様の考え方で損害賠償請求はありません。安心して助けてください。ポスター警告だけでなく、一歩進んで駐車場利用者に『もし子供がいたら壊します』という書類にサインしてもらってもいいと思う」

   羽鳥慎一「命に関わることですからね」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中