2019年 2月 24日 (日)

ロイヤルウェディングの費用48億円で一番かかったのがアレ 教会使用量がなんと2万6000円とは!

印刷

   イギリス王室のヘンリー王子(33)と元米女優のメーガン・マークルさん(36)の結婚式が19日(日本時間2018年5月)、ロンドン郊外にあるウィンザー城の教会で行われたそうだ。

「結婚指輪の90万円も意外に安いかも」

tv_20180521112543.jpg

   会場周辺には約12万人の人が詰めかけ、世界が注目したロイヤルウェディングにかかった費用は推定48億円だという。

   とくダネ!が「ザ・クロニクル」紙をもとに伝えるところでは、教会の使用料が2万6000円、ペアの結婚指輪が90万円、メーガン妃のドレス代が4475万円、ケーキが746万円、仮設トイレの設置費用が746万円だそうだ。

   「教会の使用料が2万6000円とは、安い! 結婚指輪の90万円も意外に安いかも」(笠井信輔キャスター)

   もっとも費用がかかったのは、警備で45億円だという。

   「45億ってかなり高額ですよね」(山崎夕貴フジテレビアナウンサー)

   「反王室主義者の人が少なくはないので、この費用を見て文句言っている人もいます」(とくダネ!コメンテーターのデーブ・スペクター)

   なおハネムーン費用は1790万円だそうで、行き先は「世界の史跡かアフリカになるのではないか」(デーブ・スペクター)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中