2019年 2月 24日 (日)

日大アメフト監督・コーチは「偽計業務妨害」!被害学生の父親 刑事告訴を検討

印刷

   日本大のアメリカンフットボールの宮川泰介選手がきのう22日(2018年5月)の記者会見で打ち明けた悪質反則行為の「監督、コーチの指示」に対して、被害を受けた関西学院大選手の父、奥野康俊さんは刑事告訴も検討せざるを得ないと語った。刑事責任はどこまで問えるのか。

宮川選手を『本気』にさせた時点でアウト

tv_20180523115720.jpg

   元検事の若狭勝弁護士は「刑事責任を追及しなければならない」と話し、試合前から宮川選手が違反行為をやらなければ練習もできない状態に徐々に追い詰められていったことを問題視する。

   「どれぐらい心を支配されていたかが重要です」と、なにやらマインドコントロールを思わす話だ。

   監督やコーチの「相手のクオーターバックにけがをさせろという言葉は明らかにアウト」で、選手にそう受け取らせただけでも偽計業務妨害の疑いが強まるという。

   日大が監督と選手の間にコミュニケーション不足や「乖離」があったとしている点を、若狭弁護士は「宮川選手が違法行為の本気度を確認したのだから、乖離はここで打ち消された」と言い切った。

コーチに責任押しつけて大学・監督は逃げ切り?

   司会の小倉智昭「最初から宮川選手をしむけていく、ある種のシナリオがあったのではないか」

   伊藤利尋キャスターは「今後は『コーチに責任』という流れがあるかもしれません」と指摘すると、若狭弁護士は「よくあることで、それでは政治家の責任を秘書にかぶせるのと同じです」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中