2019年 12月 7日 (土)

<噂の女>(BSジャパン)
明るく元気な足立梨花が悪女に変貌・・・2時間ドラマテイスト+ドロドロ路線のチープ感たまらん!

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   昨年(2017年)の秋から始まった毎週土曜夜9時の大人が楽しめるエンターテインメント「連続ドラマJ」。第1弾の田中直樹主演「浅田次郎 プリズンホテル」、第2弾の中村蒼主演「三島由紀夫 命売ります」に続き、第3弾は足立梨花主演で奥田英朗の短編集を原作にした「噂の女」だ。

   足立梨花はNHK朝ドラ「あまちゃん」でアイドルグループ「アメ女」のセンター有馬めぐ・メグりん役で注目され、ドラマにバラエティに活躍している。「土曜スタジオパーク」では渡辺直美とともにMCもつとめている。

   明るく元気な清純派のイメージがあった足立が男を手玉にとり、のし上がっていく悪い噂の絶えない「噂の女」糸井美幸を演じる。中古車販売店の事務員、雀荘の店員、不動産会社社長の後妻を経て、現在はクラブ美幸のママ。足立の変貌ぶりが見ものだ。

極少予算を知恵と巧みな演出でカバー

   BSジャパンのドラマということで予算が少ないのか、セットなどのショボさが目立つ。警察署内のシーンでアップが多いのは、一角にしかセットが作られていないのかなあとか、保育園も家の中もいつも同じ場所なのも、ほかの部屋を作っていないんだろうなとか、気になってしまう。正直、再現ドラマのほうがまだお金がかかってるんじゃないかというレベルだ。

   でも、少ない予算でもオリジナルドラマを作ろうという心意気は評価したい。BSジャパンは土曜深夜にもうひとつドラマ枠があり、蒼井そら主演「逃亡花」を放送中である。その主演の2人が互いのドラマに出演するというコラボなど、宣伝にも余念がない。

まともな連中はだれも出てこない裏社会

   物語はいよいよ第2章へ。美幸に疑惑をもった刑事・鹿島(中村俊介)が動き出した。中村と田山涼成演じる先輩刑事のやりとりも面白い。美幸ママにスカウトされ、ホステスに転身する元保育士役の前田亜季も巧い。彼女の母親が毒親で、娘に金を無心する。そのあたりがどうなっていくのかも興味深い。

   最近、2時間ドラマがすっかり鳴りを潜め、「2時間ドラマの帝王」船越英一郎がNHKでMCに勤しむご時世だが、かつての2時間ドラマのテイストに、東海テレビの昼ドラドロドロ路線も継承し、この手のドラマ好きなら楽しめるのではないか。

   こういう裏の世界を描いたドラマはやっぱり面白い。ホステス同士の会話で「警察なんてヤクザよりタチが悪いんだから。警察関係の客はいくら飲み食いしてもひとり3000円と決まっている。持ちつ持たれつだから」などという聞き捨てならない台詞も飛び出す。地方都市の話としても、いかにもありそう。BSジャパン、頑張ってます。(毎週土曜よる9時~)

   大熊猫

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中