2019年 2月 16日 (土)

「内田正人前監督」大学人事でも独裁者!7000人の教職員を生殺与奪

印刷

   日本大アメリカンフットボール部の内田正人前監督の独裁ぶりが呆れられているが、大学運営ではナンバー2の常任理事で、学内人事でも強権を振るってきた。

   日大には7000人の教職員がいるが、非常勤講師組合の役員の志田慎氏は「内田氏が人事担当になってから、雇い止めが行われました」と語る。いま英語の講師15人のクビ切りが問題になっているという。

学内はひたすら我慢

tv_20180525115531.jpg

   司会の国分太一「大学のナンバー2だったんですね。そこらを考えずに見ていました」

   テリー伊藤(タレント)「恐怖政治ですよ」

   堀尾正明キャスター「体育会系は就職と結びつくから、学生は4年間がまんしてしまう」

   内田ルートという言葉もあるそうだ。内田氏は監督を辞めても、常務理事は手放さず、「一時(職務を)停止して謹慎する」と言って、大学病院に入院してしまった。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中