2019年 11月 19日 (火)

出来合いのギョーザ+チーズで絶品! フレンチシェフが教える簡単アレンジ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   きょう29日(2018年5月)から新コーナー「ハレトケキッチン」がスタートした。

   和洋中のシェフ3人がゲストの好みに合わせ、手間はかかるが家で作ると喜ばれる「ハレ」の料理、今晩のおかずに使える簡単な「ケ」の料理の2種類を紹介するという内容。この日ゲストのIKKOさん(美容家)のオーダーは「ギョーザ」だった。

チーズが絡まって驚きのおいしさ

   フレンチのシェフ・秋元さくらさんが紹介する「ケ」のギョーザは、「市販のギョーザでチーズフォンデュ」。忙しいIKKOさんのため、「出来合いのギョーザの新しい楽しみ方を提案したい」(秋元さん)という。

   カマンベールチーズ(1個)は室温に戻し、上を丸く切り取ったら周りをアルミ箔で包む。

   火にかけたフライパンにサラダ油(大さじ1)を入れ、市販のギョーザ(12個)を丸く並べる。真ん中にカマンベールチーズを置いたら、チーズに白ワイン(大さじ1)を注ぐ。

   水(適量)をギョーザに回しかけ、フタをして中火で5~6分蒸し焼きにする。仕上げにバター(10グラム)を加え、全体になじませたら完成だ。

   IKKOさん「思ったよりおいしい。チーズが絡まる~!」

   博多大吉キャスター「何だチーズにギョーザか、ぐらいに思ってたんですけど、びっくりするぐらい美味いですね」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中