2018年 8月 18日 (土)

石原さとみ「アンナチュラル」ドラマ最優秀賞!続編ないの!?

印刷

   過去1年間(2017年4月~18年3月)の放送から優れたラジオ番組、テレビ番組を表彰する放送文化基金賞(主催・公益法人放送文化基金)がきのう6日(2018年6月)に発表された。テレビドラマ部門は石原さとみ主演のTBS「アンナチュラル」が最優秀賞に選ばれた。

   法医解剖医の石原が警察や自治体から依頼された不自然死(アンナチュラル・デス)の遺体を解剖調査し、その死に隠された謎や事件を解明するサスペンスで、今年(2018年)の冬ドラマ(金曜よる10時)として放送された。平均視聴率は11・41%と数字としてはいまひとつだったが、不自然死の8割以上が解剖されないまま死因を決められてしまう現状を浮かび上がらせた意味は大きいと評価は高かった。

   ギャラクシー賞(放送批評懇談会主催)のテレビ部門でも入賞しており、今回の授賞で続編を望む声がいよいよ強まりそうだ。

エンタメ部門は「クレイジージャーニー」

   その他の最優秀賞は、テレビドキュメンタリー部門がNHK「BS1スペシャル 父を捜して 日系オランダ人 終わらない戦争」、テレビエンターテイメント部門がTBS「クレイジージャーニー」、ラジオ部門が静岡放送「SBSラジオギャラリー 幸せのカタチ~本当の親子 本物の親子~」が決まった。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中