2020年 12月 1日 (火)

「家が壊れるかと思った」「パニックで非常階段から逃げた」 大阪北部地震の生々しい現場中継

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   きょう18日(2018年6月)午前7時58分、大阪府北部を震源とするマグニチュード5・9の地震が起き、「モーニングショー」は各地から発生直後の模様を、現場中継を交えて速報した。

   司会の羽鳥慎一「かなり広い範囲で強い揺れを感じています」

ヘルメット姿でグラウンドに避難する小学生

tv_20180618110811.jpg

   震度は大阪府北部で6弱、京都府南部で5強など。阪神高速環状線を映す画面が揺れた。JRは近畿エリア全線で運転を見合わせた。

   大阪朝日放送ABCの報道フロアから「いきなり突き上げるような揺れが15秒から20秒続きました」と、泊まり勤務明けの男性記者が緊張した声で語る。

   スタジオと電話がつながった大阪府枚方市の女性は「一瞬のことで怖かった。台所にいたら家がガタガタと揺れて壊れるかと思った」、新大阪のホテル従業員は「ギリギリで立っていられるかぐらいの揺れ方でした」、サウナの従業員は「パニクッて非常階段に避難するお客もいた」と話した。

   大阪府高槻市では、住宅街の民家で火災が発生、上空ヘリからの映像は燃え上がる炎や黒煙をとらえた。小学校か、子どもたちが校庭に集合、別の避難場所らしいグラウンドではブルーシートの上にヘルメットの子どもたちがすわっている姿もあった。茨木駅周辺には、電車の運休で人があふれていた。JRの線路を歩く乗客の列もカメラに収められた。

   石原良純(タレント)「これは、きょう一日たいへん、郊外に出かける予定の方、しばらく動かない方がいい」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中