2019年 2月 16日 (土)

品川祐、骨折していた トレーニング中に「バキッって音がして...」

印刷

   お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐が28日(2018年6月)、右手を骨折したことをブログで明かした。

「トレーニング中に バキッって音がして」――。

   こんな書き出しで始まるブログ記事には、右腕を包帯で固定された品川の写真が。その上で、「骨が3本折れてました」と報告したのだ。

「めちゃくちゃ折れてます」

   かねてから格闘技好きを公言していた品川さん。様々なジムに通っていたことで知られ、6月24日には柔術家として公式戦デビューも果たしていた。ただ、初のリングでは悔しい判定負けを喫していた。

   それから4日後。「折れちゃった」という題でブログを更新した品川は、「トレーニング中に バキッって音がして 瞬間的に折れたと思いました」と報告。その上で、

「病院でレントゲンを撮り 先生に恐る恐る『折れてますかね?』と聞くと『めちゃくちゃ折れてます』とのこと その言い方に思わず笑ってしまった」

と説明。続けて、「右手の甲 人差し指、中指、薬指につながる骨が3本折れてました」との診断結果を伝えた。

   なお品川は「不幸中の幸いで骨折のために予定していた仕事に穴を開けるということはなさそうなので一安心」とも報告。その上で、

「骨折とは関係なく、そもそもスケジュールに穴だらけという方が不安です」

と自虐的に振り返っていた。

「ご心配をおかけして申し訳ございません」

   さらに品川は、「関係者、スタッフのみなさま そして数少ないファンのみなさま、ご心配をおかけして申し訳ございません」と謝罪。ファンに向けては、「心配をしてくれてありがとうございます」と感謝していた。

   なおブログの末尾では、病院へ向かう途中にお笑いコンビ「ガンバレルーヤ」に遭遇したとも報告。笑顔を浮かべる2人の写真をアップした上で、

「お笑いは偉大だ。骨が折れてもがんばれるや」

とのダジャレで記事を結んでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中