2019年 2月 23日 (土)

ハムスター虐待投稿で生計をたてる男 突撃取材に「アホが騒ぐだけ」と反省ゼロ

印刷

   ハムスターにスパゲティーミートソース、どら焼き、アイスクリームなど人間の食べ物をエサとして与える動画がネットに投稿され、「動物虐待だ」の批判が殺到している。

   投稿者は埼玉県に住む50代の独身男性。自宅を齋藤寿幸リポーターが訪ねると、室内には30~40匹のハムスターが数個の容器に飼われ、中には毛が伸びたり、反対に抜けたりしたものもいた。飼育歴は25年といい、動画を投稿して広告収入で生活しているそうで「試行錯誤して、人間と同じエサをやっても全然死なない」と言い切った。

どら焼きを争わせたり、伸びた歯を爪切りで切ったり

   驚きのエサはほかにも、とんかつやチーズ、餃子、加熱前の豚肉など。「お食事ですよ」と猫なで声でコーラを飲ませ、プロテインに牛乳を混ぜたものをハムスターの頬にストローを差し込んで注入するシーンもあった。

tv_20180702111641.jpg

   動物病院長の平林雅和さんは「早くから生活習慣病になり、腎不全の危険がある。ホルモンの病気や合併症も起こるだろう」と指摘する。

   エサの問題以外にも、数匹に1個のどら焼きを与えて争わせる場面や、のびた歯を詰め切りで切るシーンもある。「めっちゃ虐待」「していいことといけないことを区別できないなら、動物を飼うな」「腹が立った」という批判がネットに集まり、動物虐待容疑による逮捕を求め1万人を超す署名が集まった。動物虐待罪は2年以下の懲役か200万円以下の罰金だ。

   飼育男性は「アホなやつらがトンチンカンなことをいうが、悪いことはしていない。改めるつもりはない」と、いっこうにやめる気がない。

   石原良純(タレント)「動画を見てもらうためにエスカレートしているのでは」

   住田裕子(弁護士)「自分本位のやり方を押しつけ、多頭飼育の弊害もある。これが生計の手段なら、犯意を認められやすいだろう」

   司会の羽鳥慎一「自然に反しています」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中