2019年 2月 23日 (土)

サンダルの季節に気になる靴ずれ... クリーム+ベーキングパウダーで予防できる!

印刷

   夏はサンダルの季節。暑い日に裸足で快適に歩きたい...けど、靴ずれしてしまって痛い!そんなお悩みを抱えている人は少なくないだろう。

   外出先で急な靴ずれに見舞われた時に役立つのがばんそうこうだが、靴ずれが起こりやすいかかとに貼ると、歩いているうちにはがれてしまうなんてことも。

   かかとにばんそうこうを貼る時は、ただ貼るよりもはがれにくい方法がある。フットケア専門の皮ふ科医・高山かおるさんが解説した。

バッテン型のばんそうこうがはがれにくい

   かかとには、四辺にV字の切り込みを入れ、バッテン型にしたばんそうこうを貼るとよい。

   高山さん「ポイントは肌なじみの良さと伸縮性です。足首はいろいろな方向に伸びるので伸びジワができます。接着面が大きい方がシワがたくさんできて、その分はがれやすくなる。バッテン型は接着面が小さいので、動きに対してはがれにくいんです」

   あさイチの実験では、かかとにばんそうこうを貼ってバックストラップのサンダルを履き、45分間同じルートを歩き続けたところ、そのまま貼ったばんそうこうは大きくはがれたが、バッテン型のばんそうこうはほとんどはがれなかった。

   そもそも靴ずれを起こさない対策として、視聴者から「ボディークリームを足に塗って皮ふを柔らかくして拭き取り、ベーキングパウダーを全体に付けて余分なパウダーを拭き取ると靴ずれしない」とのアイデアが寄せられた。

   シューフィッターの林美樹さんも「効くと思います」と太鼓判を押す。

   近江友里恵キャスター「すべりにくいということですか?」

   林さん「そうですね。間違ってないと思います」

   化粧用のパウダーでもOKとのこと。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中