2019年 7月 24日 (水)

日本中を熱狂させた「サムライ」の挑戦は終わった 選手よ、胸を張って帰ってこい!

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   サッカーW杯ロシア大会での日本の挑戦は終わった。決勝トーナメント1回戦、強敵ベルギーを相手に、日本は2点をリードしながら、最後の最後に逆転負けを喫した。悲願のベスト8はならなかったが、選手たちは燃焼し尽くした。長友佑都選手の「笑顔で胸張って帰ります」という言葉が爽やかだった。

   3日(2018年7月)午前3時、ロストフ・ナ・ドヌでのキックオフは、緊張感がいっぱいだった。ベルギーは世界ランク3位。「赤い悪魔」の異名がある。対する日本は61位。チームワークがどこまで通用するか、不安があった。

長谷部「先行しながら逆転負けは、自分たちの力不足」

tv_20180703123008.jpg

   しかし、日本は素晴らしい滑り出しを見せた。相手のスター選手をほぼ完璧に封じ込め、前半を0-0で乗り切った。そして後半3分、カウンターで突っ込んだ原口元気のシュートが決まった。さらに4分後、乾貴士の無回転のミドルシュートが、絵のようにゴールに吸い込まれた。

   ベルギーは猛反撃に転じた。ひやりとする場面が続くが、吉田麻也、長谷部誠、長友らが、敵のエースを巧みに押さえ込んだ。ベルギーは20分、2メートル近い長身の選手を投入、空中戦の意図を見せる。24分、川島永嗣のパンチングが弱く、これをベルギーが高々とヘディングでセンタリングしたのに川島が追いつけず、そのままゴール。「またか」とDFは呆然。

   さらに29分、コーナーキックを長身の選手に決められて同点。その後もベルギーは、再三日本ゴールを襲ったが、川島のスーパー・セーブやDFの壁で防ぐ場面が続いた。特に巨漢で危険なFWルカクにシュートをさせなかったのは大きかった。

   そして後半のアディショナルタイムの49分、本田圭佑が加わってコーナーキックを入れたが、これをとったGKが素早くカウンター。日本DFは戻りきれずに逆転の3点目を献上してしまった。あと何秒かで延長に入るという、あっという間の展開だった。

   躍り上がるベルギーの選手たちを前に、倒れたままの原口ら何人か。無念の表情の香川真司、長友......西野朗監督。

   西野監督は、「W杯の怖いところ。追い詰めたと思ったのだが、何が足りなかったんでしょう。この壁は厚いのかもしれない」といった。

   選手たちのコメントも苦い。キャプテンの長谷部「先行しながら逆転負けは、自分たちの力不足。試合運びに甘さがあった」。本田「3回目のW杯が終わった。次の世代にバトンを渡す」。香川「これがサッカー。やっぱり個の差が最後に出た。壁が大きいと、実感します」。長友「自分たちの全てを出したので、悔いはない。胸を張って帰ります」

   MCの国分太一「西野さんも、(交代など)難しかったと思う」

   解説の堀尾正明「それを見事なチームに仕上げた」

   国分「予選で9点取ったベルギーを、前半ゼロに抑えた」

   サッカー解説の前園真聖さん「後半の得点が素晴らしい」

   国分「原口選手はちょっとキーパーのタイミングをずらした。2点目の乾選手のゴールは、今大会のベスト・ゴールになるかもしれない」

   前園「そう。無回転でね」

   真矢ミキ「何メートルくらいあるんです?」

   前園「20メートルとか30メートルとか」

   元イングランド代表のリネカーさんも驚いたらしい。「乾のゴールはすごい。イングランドが相手でなくてよかった」と言ったそうだ。また、ベルギーのマルティネス監督は、「日本を祝福しよう。彼らは完璧な試合を演じた」と言っていた。

   日本中を熱狂させた「サムライのロシア」は終わった。今日は寝不足も取り戻せそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中