2019年 7月 20日 (土)

<バカボンのパパよりバカなパパ>(NHK総合)
玉山鉄二じゃカッコよすぎた赤塚不二夫・・・ハャチャメチャなバカぶり物足りない

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「バカボンのパパ」「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」で知られる漫画家・赤塚不二夫の物語である。娘の赤塚えり子が書いた原作を元に、小松江里子が脚本を手掛ける。赤塚の描くハチャメチャな漫画より、実生活はもっとハチャメチャだっというもので、そのハチャメチャぶりが見どころとなっている。

   主人公・赤塚不二夫を演じるのは玉山鉄二。女性にダラしなく、夫や父親としてはダメダメだけど、愛すべき存在―という赤塚のチャーミングなところが出ているかというと、微妙だ。玉山はこういう軽いタッチのものより、眉間に皺を寄せて深刻ぶった役のほうが似合う。無理してハジけた感じは、ダイハツ工業「ウエイク」のCMの「にいちゃん」にもカブリ、ちょっと力み過ぎではと思う。赤塚にしてはイケメンという点も気になる。

ファンには嬉しいウナギイヌ誕生秘話

   2番目の妻・真知子を比嘉愛未、最初の妻でりえ子の母・登茂子を長谷川京子、赤塚のひとり娘・りえ子を森川葵が演じている。担当編集者・横井隆は浅香航大、赤塚が通うスナックの潤子ママは草笛光子だ。アシスタントには駿河太郎、マギーら個性派揃いである。

   ドラマの案内人は松尾スズキがつとめる。比嘉も長谷川もスラッとした長身美人なのは、赤塚の好みなのだろうか。そういえば、バカボンのママもスラッとしている。

   土用丑の日なのに、仕事が忙しくてうなぎも食べられないと窓の外を見ていた赤塚が、「犬もうなぎに見える」と言い出したところから、ウナギイヌを思いついたというキャラ誕生のエピソードなど、漫画ファンには嬉しいエピソードも入れながら、ドラマは進んでいく。

赤塚が見出し育てたタモリ・・・誰が演じるの?

   赤塚は若い頃のタモリを福岡から呼び寄せ、自分のマンションに住ませていたという有名な話もあるが、果たしてタモリは出てくるのか。出てくるとしたら、誰がタモリを演じるのか、気になる。

   赤塚没後10年の節目に、こういうドラマで赤塚の半生を振り返るのは素晴らしい。というのも、東京・青梅にある赤塚不二夫会館に行ったら、平日だったからか、閑古鳥が鳴いていて、大丈夫なのかと思った。このドラマには頑張ってもらわないと。全5回。(土曜よる8時15分~)

   くろうさぎ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中