2018年 11月 21日 (水)

いまが旬の「なす」デザートでもおいしい!赤ワインで煮てヨーグルトに

印刷

   「みんな!ゴハンだよ」コーナーで、料理研究家の小田真規子さんがなすを取り上げたのだが、これが焼いたり炒めたり揚げたりの定番メニューではなく、デザートでもいけるというのだ。作ってみせたのは「なすの赤ワイン煮」だった。

   へたをとって皮をむいたなす(4~5個)は、水にさらしてアクを抜き、水気を切ったら4等分にする。鍋に赤ワイン(カップ1)、水(カップ半分)、砂糖(70~80グラム)、レーズン(大さじ3)、シナモンスティック(1本)、レモン汁(大さじ1)を入れ、ここに切ったなすを投入して中火で1分、煮立ったら弱火にして20分間。

   火を止め、ふたをしたまま粗熱を取り、保存容器に移して冷蔵庫で冷やして出来上がりである。1週間ほど保存可能だ。

松本明子「イチジクのようです」

   スタジオでは、ヨーグルトにかけてミントを添えて食べた。

ゲストの松本明子(タレント)「いちじくのような・・・」
YOU(タレント)「りんごのような。なすって言わなきゃいいんですよね」
博多大吉キャスター「食感がすごくいい。味もしみてておいしいです」

   食べる前は「食欲がわかない」と漏らしていた博多華丸キャスターも、「りんごよりさっぱりしてる」と意外なおいしさに感激した様子だった。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中