2019年 7月 16日 (火)

水飲み過ぎ注意!熱中症対策どころか「水中毒」―脳細胞むくんで死の危険

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   熱中症にならないためにたっぷり水を飲めといわれているけれど、取りすぎは逆によくないらしい。「脳の細胞がむくんで、ひどい場合は死に至る」と池袋大谷クリニックの大谷義夫院長が「水中毒」に警鐘を鳴らす。

   通常、人間の血液には水分と塩分がバランスよく存在しているが、短時間に多量に水分を摂取すると塩分濃度が低下し、バランスをとろうとして水分が細胞に流れ、これが脳で起こると脳浮腫で突然死することもあるという。つまり水中毒だ。

   水中毒を体験したことがある50代の女性は、夏の旅行先で1時間に1.5リットルのペースで水分をとっていたところ、めまいや腹痛、吐き気を感じた。熱中症だと思ってさらに水を飲んだところ、体がけいれんし救急搬送され、水中毒と診断された。

経口補水液も飲み過ぎると塩分方で血圧上昇

tv_20180725132010.jpg

   水中毒を防ぐためには、水分の取り方がポイントとなる。水は1時間100ミリリットル程度をこまめに飲むこと。正常時には水や麦茶でいいが、汗をかいた時は塩分と糖分を含むスポーツドリンクを飲むようにする。汗を大量にかいたり脱水症状が進んだりしたときは、経口補水液が適している。

   司会の国分太一「熱中症対策として、あらかじめ経口補水液を飲んでもいいのでしょうか」

   医師で医療ジャーナリストの森田豊氏「いい質問です。経口補水液は塩分が多く、飲みすぎると高血圧の原因になってしまうので、熱中症の症状が出始めてから飲んでください」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中