2019年 2月 24日 (日)

史上初の快挙成し遂げた大竹投手 「お前にはプロなんて無理」と言われた過去を振り返り...

印刷

   プロ野球・ソフトバンクの育成4位ルーキーの大竹耕太郎投手が2日(2018年8月)ツイッターを更新し、初登板初先発勝利について思いを綴った。

「どうせお前にはプロなんて無理だ。通用しない。そんな言葉を沢山うけて僕には無理 なのかなと諦めかけた時期もありましたが、辛い時も折れずに自分を信じてやってきて良かったなと思える初登板初勝利でした」

   1日の西武ライオンズ戦で、育成ドラフト出身のルーキーとしては史上初となるプロ初登板初先発勝利を成し遂げたことを感慨深く振り返った。

   また、今後に向けても「これから壁にぶつかる事も多々あると思いますが、常に自分を信じて頑張っていきたいです」と抱負を綴っていた。

   こうした大竹の投稿には、敵味方を問わず多くの祝福や応援、期待を寄せるコメントが寄せられていた。

「ライオンズファンです。見事な投球でプロ野球初勝利おめでとうございます(中略)やっつけたりやられたりの世界。これからもよろしくお願いします。次は攻略しますよ!!」
「大竹投手の言葉は、たくさんの野球少年の励みになると思います」
「本当におめでとうございます!!!!痺れました!!ホークスファンみんなが惚れました!!最高の試合を本当にありがとうございます 期待の星です。これからホークスを引っ張ってください」
「敵ながらナイスピッチングでした」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中