2018年 12月 15日 (土)

東京医科大だけはない!? 海外メディアも驚く「女子受験生差別」の恥ずかしさ

印刷

   東京医科大が女子受験生の点数を一律に減点していた問題で、差別の撤廃を訴えるデモ抗議や責任者の辞任を求める署名活動が行われるなど、波紋が広がっている。また、英BBC(電子版)が「日本の有名医科大学の1つが女子受験者の得点を改ざんしていた」と報じるなど、海外メディアも注目している。

女子だけでなく3浪以上の男子も減点に

tv_20180806131430.jpg

   また、5日付(2018年8月)の読売新聞によると、女子だけではなく3浪以上の男子の合格者数も抑えられていた。医師の国家試験に合格する割合が低いからだという。

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「離職・休職しなくてもいい環境づくりを整えることが先。本末転倒です。この大学だけではないかもしれない。深刻に考えなくてはいけません」

   高橋真麻(フリーアナウンサー)「別番組のコメンテーターが『高い順からとっていったら女子が増えてしまうので、けっこうあること』と発言していましたが、私は納得できません。もしも比率を考えるなら、最初から男女別の定員募集をするべきです」

   司会の加藤浩次「最初の時点で人数に差をつけてしまうと、それこそ女性蔑視という声も出そうです」

   杉山愛(元プロテニスプレーヤー)「この大学だけの問題ではないかもしれない。女性の活躍の話題がこれだけ取り上げられている中、スタート時点で選別をするなんて、日本は本当に遅れています。男性も含めて、働き方を本気で見直していかなくてはなりません」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中