2019年 2月 22日 (金)

フジ「絶対零度」好調2ケタ視聴率!脱恋愛路線で月9伝説復活か

印刷

   フジテレビ系の連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査」(月曜よる9時)がなかなか好評である。視聴率も第2話の9・6%のほかは2ケタをクリアし、第6話までの平均は10・6%だ。全話視聴率14・78%だった去年夏ドラマ「コード・ブルー 3rd」にははるかに及ばないが、最近の月9としては健闘している。

   春ドラマの「コンフィデンスマンJP」は話題になった割には視聴率8・88%といまひとつだったが、それまでの「海月姫」6・14%、「民衆の敵」6・74%、「突然ですが、明日結婚します」6・65%と比べると、月9はどん底を脱しつつあるようだ。フジテレビもようやく女性の恋愛路線が時代遅れになっていることに気付いたのか。

   月9秋ドラマはアメリカのヒット「SUITS/スーツ」のリメイク版で、傲慢なエリート弁護士(織田裕二)とそのアソシエイト(パートナー)のフリーター(中島裕翔・Hey!Say!JUMP)が主人公である。月9としては、まずは視聴率2ケタ定着といきたい。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中