2019年 8月 23日 (金)

自民党総裁選、石破茂氏に聞いた 「政府は正直にものを言っているか」「忖度の集合体だ」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   自民党総裁選の日程が今日21日(2018年8月)決まる。9月7日告示、20日投開票で、三選を目指す安倍晋三総裁に石破茂・元幹事長が挑む。形勢は国会議員の7割をおさえた安倍氏が圧倒的に優位とされるが、あえて挑戦する石破氏の意図は何か。「モーニングショー」が本人に聞いた。

   最新のANN世論調査では、「次の自民党総裁は誰がよいか」の問いに、石破氏42%、安倍氏34%と出たが、これを自民党支持者だけで見ると、安倍氏58%、石破氏31%と差が出る。国会議員票では、わかっているだけで安倍氏が286、石破氏20という大差だ。

「見識のある人、支持してくれる」と進次郎に期待

tv_20180821124136.jpg

   選挙は、国会議員票405票、地方票(自民党員)405票、計810票を争う。前々回の総裁選では、地方票を土台に石破氏がリードしたが、国会議員による決選投票で安倍氏が逆転勝利した。(前回は無投票で安倍氏再選)

   この現状を石破氏は、「自民党総裁は、日本の首相。問題は何をやるかだ。選挙はやってみないとわからない」と語る。テレビ朝日の細川隆三・政治部デスクは、「世論調査の数字に近い結果になるのでは、と見る人もいる」と言った。

   今回選挙では、党内外に人気のある小泉進次郎氏がどちらを支持するか、が注目点。前回選挙では、小泉氏は石破氏に投じた。今回は「決めていません」と慎重だ。ただ、石破・小泉がタッグを組んだら、状況はガラリと変わるといわれる。

   石破氏は「そういうことでしょうね。小泉さんは自民党が野党になったどん底で当選してきた人。苦しいときを知っている。政策を考える重要性を知っている」「一緒に仕事をしているから、お互いにわかることがある」「外交、財政、社会保障、党のあり方などで共鳴すれば、支持してくれる。そういう見識を持った人だと思う」と盛んにエールを送った。

   石破氏は立候補表明で、「正直、公正、謙虚で丁寧な政治を目指す」と言った。以後も「政府は正直にものを言っているのか」「えこひいきはないか」「(安倍1強を)忖度の集合体みたいだ」と安倍批判を繰り返している。

   15日に山梨で安倍首相と元首相の森喜朗、小泉純一郎、麻生太郎副総理3氏を含む食事会があった。ここで、野党時代の苦しさを、森氏が「自民党から次々と人が出て行った」、麻生氏がニヤリとして「苦しい時こそ人間性がわかる」と言った。出て行った中に石破氏がいた。と、これは産経新聞の報道だ。

   石破氏「メディアと権力が一体になったら恐ろしい」

   テレビ朝日解説委員の玉川徹「もり・かけの真相究明はしますか?」

   石破氏「国会へ呼ぶかどうかは国会が決めること。それより加計理事長の会見は工夫の余地があった。盟友の窮地を救おうというのなら、東京のメディアの前でやるべきだった」

   青木理(ジャーナリスト)「政策以前に政治への信頼がかかっている」

   石破「そうですね。経済、社会保障、安全保障などの日本の設計図を書き換えないといけない。信頼がないとできない」

   羽鳥慎一キャスター「大変厳しい中、それでも出るというのは?」

   石破氏「出なきゃいけないから。誰も物を言わなかったら民主主義はどうなる? この国はどうなる?」

   この後が「憲法改正」。9条2項の改正について、安倍プランと石破プランの違いを延々とやったが、長すぎてわかりにくいので省略。

   最後に経済、消費税や外交についての一般からの質問に、石破氏が答えた。

   「株が上がって、有効求人倍率が1を超えて、輸出企業を中心に最高の収益を上げている。素晴らしい。しかし、それが多くの人々、地域に波及していない。それは経済のメカニズムが違うから。今までの価値観を変えていかないといけない。年収200万円以下の非正規の人が929万人もいる」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中