2019年 1月 24日 (木)
メンテナンスのお知らせ:1月25日(金)10:00~11:00の間ログイン機能がご利用いただけません。

そういえば「嵐」にセンターがいないのはなぜ? 前に出たがるタイプがいないのか、仲が良すぎるのか...

印刷

   「VS嵐」(2018年9月13日夜7時~・フジテレビ系) 嵐の冠番組。ゲストは埼玉県出身者で編成されたチーム埼玉。嵐+助っ人(貫地谷しほりとトレンディエンジェル・斎藤司)とゲームで対戦した。

   ゲーム最終戦で、斎藤がアイドルグループ吉本坂46のセンターに就任した話題になった。「いちおう僕がセンターになったんす。46人いて。合格発表が2週間くらい前だったんですけど、何の音沙汰もなくて。活動はまだしてなくて。最終目標は紅白に出ることらしいんですけど。でもやっぱりセンターについての心得がなくて、すごい不安なんです」と重責に押しつぶされそうな気持ちを吐露。すると、櫻井翔が「センターとしての心得?」と大仰に驚く。

   そこで貫地谷から「嵐ってセンターあるんですか?」と質問が。櫻井は「な~い、俺ら。珍しく、ないよ」とあっさり否定。歌やジャケット写真でのセンターの思い出を問われ、二宮和也が「いや、何かね、それ時代なんだと思うんだけど、我々の時代ってそんなセンターに価値がないの」と即答。

   ここでまた貫地谷が「何で価値ないの?」と疑問をぶつける。松本潤が「JUMPかそうじゃない? 山田(涼介)が真ん中のイメージとかあるじゃない」と後輩グループのHey! Say! JUMPを例にあげると、二宮は「時代なんでしょ、たぶん、あれってきっと」とよそはよそ、うちはうちと説明を続けた。「(嵐は)センターがこんな集まっちゃったみたいな話ってことっすね?」と嵐をヨイショしつつ、まとめた貫地谷に、観客席から賛同の拍手が沸き起こる。

   途端に斎藤、面白くなさそうな顔に。「じゃ『センターです』って言ってる俺がすごいダサイみたいな。俺も別に胸張ってないっすよ、正直言って。こんな連絡ないグループ、信用できない」と吐き捨てる。活動前から空中分解しそうな雰囲気に一変してしまった。

   嵐にセンターがいないのは、ファンにはよく知られた話。譲り合い精神が旺盛で、メンバー全員がセンターに立ちたがらないという。5人の集合写真を撮る際は、一番遅く来た人がセンターになる嵐ルールがあるとか。リーダーを決める時もじゃんけんで決めた嵐。9月15日に結成19年を迎え、相変わらずの仲のよさを見せているのも、前に出たがるタイプがいないことが理由なのかもしれない。

   知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中