2019年 5月 26日 (日)

「西郷どん」最大のヤマ場、放送休止 台風24号の大暴風雨に吹っ飛ばされる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   9月30日(2018年)に放送予定だったNHK大河ドラマ「西郷どん」の第37話が、列島を縦断した台風24号関連ニュースに差し替わり、放送休止となった。第37話の放送日について、番組の公式SNSアカウントでは10月1日午前10時50分現在、「放送日が決まりましたら、改めてご案内します」としている。

篤姫と対面、自決の決意にゆらぐ吉之助だったが...

   一方、9月30日午後6時からのBSプレミアムは通常通り放送された。それによると、第37話は「江戸無血開城」。江戸城総攻撃を前に、西郷吉之助(鈴木亮平)は秘密裏に天璋院こと篤姫(北川景子)と対面する。江戸城から逃げてほしいと懇願する吉之助に対し、天璋院は徳川の名にかけて戦い、自決する覚悟だと伝える

   そしていよいよ江戸城総攻撃の前日、吉之助は勝海舟(遠藤憲一)と対面。江戸の民を救うために総攻撃中止を求める勝に、吉之助は大きな決断を迫られるが...という内容だ。物語最大のヤマ場を台風24号の防風で吹き飛ばされた形だ。

   ちなみに災害によって放送が休止したケースは、2011年3月に東日本大震災で「江〜姫たちの戦国」がある。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中