2020年 11月 26日 (木)

「今井絵里子」議員辞職すべし!略奪愛・橋本健元神戸市議は今月29日に詐欺罪判決

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   週刊新潮(10月11月号)の「略奪愛をスピード成就させた『今井絵理子』」という記事に、今井参院議員がブログで交際が続いていることを認め、記事に対する反論もしたと、「ビビット」はトップニュースで伝えたが、司会の国分太一は「いまの、何のニュースだったの?」と突っ込んだ。要するに、どうでもいいニュースですと言いたかったのだ。

   同じく司会の真矢ミキも「(ブログの反論)は一線を越えました」ということですかね」と皮肉った。

政務活動費詐欺で懲役1年6カ月の求刑

tv_20181004130900.jpg

   週刊新潮の記事は、今井の交際相手の橋本健・元神戸市議が先月22日(2018年9月)に、今井の東京の自宅に入るところを写真とともに報じているのだが、これに今井は「不倫も不法行為もありません(橋本はすでに離婚)。さまざまなご批判をすべて覚悟した」上での交際だと開き直っている。

テリー伊藤(タレント)「批判覚悟ということだったら、議員辞職してもいいぐらいの意識でやっているのかもしれない。こういう形で恋愛を続けていくのは悪いとは思わないですけどね。ただ、まだ任期は4年ありますよ」

   昨年(2017年)7月、新幹線の中で2人が手をつないで眠りこける写真とともに不倫が報じられ、その後、橋本の政務活動費の不正受給が発覚。詐欺罪で起訴され、1年6カ月の懲役を求刑されて今月29日に判決が下される。

   橋本被告は政活費を今井とのデート代に使っていたのではないかという疑念は晴れていない。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中