2019年 6月 27日 (木)

芸能人がタンスのこやしにしていた奇天烈品を二宮和也が着こなす 金田朋子のウサギの着ぐるみが可愛いお尻に

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「ニノさん」(2018年10月21日昼12時45分~・日本テレビ系) 「ニノさんとコヤシちゃん」のレディース編。芸能人がタンスのこやしにしていた逸品を放出。若槻千夏ら女性タレントがトップス、アウター、ボトムスから1点を選択、コーディネートを完成させる。前週の男性編で最もおしゃれなコーディネート(MVK)を獲得した二宮和也も参戦。だが、今回もこんなものを着たがる人がこの世に存在するのか、首をかしげる奇天烈品が勢揃いする。ド派手一辺倒の志茂田景樹、ヒョウ柄オンリーの岩井志麻子、ピンク色が目に痛い林家パー子ら。

「着ぐるみにシャツを合わせているのは、けっこう新鮮」

   二宮が選んだのは、栗原類のアシンメトリーシャツに志茂田景樹のスパンコールジャケット。人目を引くデザインとカラーだが、二宮の芸能人オーラをもってすれば、着こなせないこともなさそう。だが最後のボトムス部門で、落とし穴が。残り物に福があるつもりでいたが、残ったのは、金田朋子のウサギの着ぐるみだった。「マジかよ~」絶叫する二宮。

   ランウエーにピンクの着ぐるみの上にキラキラスパンコールの上着を羽織り、膝小僧丸出しの生足に豹柄ブーツを履いた二宮が。歩くたびにお尻のしっぽが揺れる。「(ファッションの)ポイント?結論からいくと、これが一番しっくりきた。これを着てシャツを着ました、気持ち悪い。ふわふわパンツみたいな感じになっちゃう」といろいろなパターンにトライした結果のようだ。

   審査員のドン小西に「着ぐるみにシャツを合わせているのは、けっこう新鮮」と褒められると、「そうですよね」と前のめりに。ジャニーズおたくの青木源太アナも「二宮さん特有の小動物感というのが 良く出ています。めちゃくちゃかわいいです」と嬉しがらせるコメント。「本当?全く見えないけど」と二宮、思わぬエールに気をよくする。

   残念ながらMVKは取れなかったが、小西から「2~3年したら、けっこう来るかもな、こういうの」と言われ、終始「攻めていく」宣言をしていた二宮、ようやく満足げな表情に変わったのだった。

   知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中