2020年 11月 30日 (月)

「未だに着られない」真矢ミキも憧れた「ジュン・アシダ」の芦田淳さん亡くなる

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   日本を代表するファッションデザイナーの芦田淳さんが20日(2018年10月)、肺炎のため亡くなっていたことが分かった。88歳だった。

   芦田さんは1966年から10年間、美智子さまの専任デザイナーをつとめ、皇太子妃雅子さまの衣装もデザイン。全日空のCAや1996年アトランタ五輪の日本選手団のユニフォームもデザインした。

   また、ブランド「ジュン・アシダ」は東京や大阪、パリに直営店があり、優雅で高級感がありながら、実用性もある服は多くの女性を魅了してきた。

堀尾正明の衣装にズバリ...。「いいねと言われたかった」

tv_20181023144310.jpg

   芸能界にもファンは多い。女優の秋吉久美子さんは自身のブログに「私の中で大きな存在だった。芦田先生の服を着ることで人生の振る舞い方まで教えられた気がする。どんな局面でも笑顔で超えていく勇気を教えてくれた」と記した。

   葬儀はすでに行われており、後日お別れ会が行われるという。

司会の真矢ミキ「初めてジュン・アシダを認識したのは20代の時。街で見かけてあまりに素敵なので足が止まった。その後美智子様の専任デザイナーと知って...。それなりの人間になったときに袖を通させていただこうと思いました。未だに着られていません」

堀尾正明(アナウンサー)「NHKの番組を通して知り合い、20年くらい交流させていただいた。一緒にゴルフやマージャンもしました。正直な方で、『堀尾君の衣装今日よくないね』『今日はいいね』とか。いいねって言われたことはあまりないのですが...。すごく誠実な人柄で磁石のように色々な人を惹きつけていました」

ピノコ

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中