2020年 11月 25日 (水)

せきが続く、せきで眠れない・・・それ、「寒暖差せき」です!今月に入って急増

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   「カゼでもないのにせきの出る人が増えています」と、森圭介アナが『寒暖差せき』の流行に注意を呼びかけた。「せきが止まらない」「せきで眠れない」という患者が、大谷池袋クリニックにはきのう23日(2018年10月)だけで40人も来た。先月の2倍だという。原因は朝晩や毎日の気温差だそうだ。

   呼吸器内科が専門の大谷義夫院長によると、気管支の粘膜がむくんで収縮してしまい、空気の通りが狭められることで「ちょっとしたことでせきき込む」という。

   司会の加藤浩次「アレルギー反応が起きちゃうんですね?」

   大沢あかね(タレント)「私もぜんそく持ちなので、気をつけたいです」

トマト、ブロッコリースプラウトが効果的

tv_20181024131342.jpg

   東京都心はここ1週間、最高気温と最低気温の差が6度近い日がつづくと予想されている。大谷院長は「カゼなら2週間以内に治りますが、2週間以上の人は寒暖差咳の可能性があります」と説明する。

   症状軽減には、肺機能を高める効果があるトマト、抗炎症作用のあるブロッコリースプラウトがいいという。カフェインをふくむコーヒーも有効らしい。

   加藤「そういう話は、だいたい大量に食べないといけないということになりますよね」

   大谷院長「動物実験の話ではないので、食べるだけで効果はあります」

   スタジオにはトマトやブロッコリースプラウト入りのサンドイッチとコーヒーのモーニングセットが用意された。ハチミツも大谷院長おすすめだ。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中