2019年 5月 26日 (日)

せきが続く、せきで眠れない・・・それ、「寒暖差せき」です!今月に入って急増

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「カゼでもないのにせきの出る人が増えています」と、森圭介アナが『寒暖差せき』の流行に注意を呼びかけた。「せきが止まらない」「せきで眠れない」という患者が、大谷池袋クリニックにはきのう23日(2018年10月)だけで40人も来た。先月の2倍だという。原因は朝晩や毎日の気温差だそうだ。

   呼吸器内科が専門の大谷義夫院長によると、気管支の粘膜がむくんで収縮してしまい、空気の通りが狭められることで「ちょっとしたことでせきき込む」という。

   司会の加藤浩次「アレルギー反応が起きちゃうんですね?」

   大沢あかね(タレント)「私もぜんそく持ちなので、気をつけたいです」

トマト、ブロッコリースプラウトが効果的

tv_20181024131342.jpg

   東京都心はここ1週間、最高気温と最低気温の差が6度近い日がつづくと予想されている。大谷院長は「カゼなら2週間以内に治りますが、2週間以上の人は寒暖差咳の可能性があります」と説明する。

   症状軽減には、肺機能を高める効果があるトマト、抗炎症作用のあるブロッコリースプラウトがいいという。カフェインをふくむコーヒーも有効らしい。

   加藤「そういう話は、だいたい大量に食べないといけないということになりますよね」

   大谷院長「動物実験の話ではないので、食べるだけで効果はあります」

   スタジオにはトマトやブロッコリースプラウト入りのサンドイッチとコーヒーのモーニングセットが用意された。ハチミツも大谷院長おすすめだ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中