2019年 7月 21日 (日)

東京五輪切符ゲット! 体操ニッポン男子団体銅メダル、ケガの内村航平が引っ張る

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   「体操男子、やりました!」と羽鳥慎一キャスターが興奮気味に話した。

   日本時間の昨日29日(2018年10月)、カタール・ドーハで行われた世界体操の男子団体決勝で日本が銅メダルを獲得し、2020年の東京オリンピックの出場権を獲得をしたそうだ。

開催国枠ではない自力のゲットは体操団体が初めて

tv_20181030125325.jpg

   「開催国枠ではなく、自力で出場を獲得したのはこの体操団体が全競技中、初めてということで――」(羽鳥)

   東京オリンピックの切符がかかったこの大会。右足首を痛めていた内村航平選手(29)が、一番手のあん馬で見事な演技を見せると、「ひねり王子」こと白井健三選手(22)歳も、得意のゆかで4回ひねりを決めた。

   羽鳥「ねじってました、ひねってました。スゴいですね」

   男子団体決勝の1位は中国、2位はロシア。内村選手は、

   「(メダルの)色は目指していたものじゃなかったが、最低限の結果はクリアできたので、いまはとりあえずほっとしています」

と笑顔で語っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中