2019年 1月 18日 (金)

この時季ここでしか食べられない「ししゃもずし」!北海道・むかわ町で浜島直子「道産子なのに初めて」

印刷

   「JAPA-NAVI」コーナーで、タレントの浜島直子が北海道むかわ町を訪れた。浜島は北海道出身だ。9月(2018年)の地震で、133棟が全壊する被害を受けたが、名産のししゃもは、今年もいつものように脂がのっていた。とくに、豊漁だという。

   この時季にむかわ町でしか食べられないのが「ししゃもずし」だ。鮮度が命なので、漁が行われる時期にしかない。しょう油ではなく「山椒塩」で食べる。

   浜島「何これ? 脂はちゃんとのっているんですけど、さっぱりとした後味で、柔らかくてとろけます」

   北海道出身でも食べたのは初めてだという。すしに使われるのはオスだけで、メスは卵に栄養が取られてしまうので、生で食べるには味が落ちてしまうらしい。

生ししゃもは11月いっぱい

   ゲストの戸次重幸(俳優)「僕も北海道出身だけど、食べたことないですね。ししゃもはあしが早いので、現地でしか味わえないんですよね」

   浜島「70歳の私の父ですら食べたことがなくて、死ぬ前に1度でいいからむかわのししゃもずしを食べたいといつも言ってます。そのくらい北海道民でも滅多に食べられないんです」

   森田洋平アナ「ししゃもずしを食べられるのは11月いっぱいです。干したししゃもや冷凍のものもあるので、むかわ町のししゃもそのものはお取り寄せで食べられます」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中