2020年 11月 30日 (月)

カルロス・ゴーンのドケチ!離婚費用も会社のカネ?著書協力の社員に酒の1杯もおごらず

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   巨額報酬の不正申告で逮捕された日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者の「会社のカネ」の私的流用の実態がわかってきた。

   司会の加藤浩次「役員報酬を50億円過少記載したこと以外の問題も、だいぶ出てきましたね」

   ブラジル・リオデジャネイロやレバノン・ベイルートに、日産の子会社に高級住宅を購入させ、別荘代わりに使っていた。日産にいくらか家賃を払っていたのかはまだはっきりしないが、パリの高級住宅街では4階のワンフロアを使い、オランダのアムステルダムでも瀟洒なマンションを使っていた。

50億円流用疑惑は入口――捜査さらに拡大

tv_20181121113332.jpg

   日産を20年間取材しているジャーナリスト、井上久男氏は「ひと言でいえばケチ。身銭を使いたがらない」と話す。会社のカネでワイナリーを買い、会長用のビジネスジェットを家族に使わせていた。

   加藤「カネに強欲ということなんですか」

   前妻との離婚費用まで社費でまかなったという疑惑もある。井上氏によると、社員の協力を得て本を書いた時も、印税を協力社員に一切分けず、1杯おごることも、どこかに寄付することもなかったという。「びた一文出さない。公私混同のうわさは前からあった」そうだ。

   宮崎哲弥(評論家)「検察の動きをみると、不正記載だけでなく、まだ先があると推論できます」

   加藤「私物化した面がある。このままでは終わらないという見立ててですね」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中