2019年 6月 19日 (水)

貴景勝、部屋消滅の試練乗り越え初優勝 父子で慕う元貴乃花親方が贈った言葉は...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   25日(2018年11月)、大相撲九州場所で小結の貴景勝(22)が初優勝した。初土俵から26場所での優勝は史上4番目の早さだ。

   「新しい部屋でも一生懸命がんばっていくことが(優勝に)つながると思い、日々やってきました。何回も弱い自分が出そうになりましたが、諦めずにやってきてよかった」と落ち着いた様子で話した貴景勝。貴乃花部屋の消滅というピンチに遭っても、持ち前の負けん気と押しの強さで淡々と努力してきた。

星一徹ばり!厳しい父との二人三脚でつかんだプロの道

tv_20181126122908.jpg

   1996年、兵庫県芦屋市で生まれた貴景勝。空手家の父・佐藤一哉さんは当時全盛期だった貴乃花の大ファンで、息子には貴乃花の名前から一文字を取り、「貴信」と名付けたほどだ。

   そんな一哉さんの影響で小学校3年生から相撲を始めた貴景勝。小学校5年生の夏休みに参加した子供向けの相撲教室では、能力の高さを認められ、貴乃花親方に直接稽古をつけてもらった。帰りがけに「あの子は絶対強くなりますよ」と声をかけられ、父子の夢は定まった。

   親子二人三脚で勝ち取った優勝。オープンカーには父も同乗した。

   貴景勝は「常日頃から『お前はプロで活躍するために...』ということを言われていたから、小さいながらにやるしかないんだとやってきた。それが結果に出てくれてほっとします」と語った。

   元貴乃花親方は、今朝26日付のスポーツニッポン紙にコメントを寄せた。

   「景勝よ ここから先は一歩も引くな!!しばし実父への感謝の気持ちに浸れ。そして新しい鍛錬を土の上でいますぐに始めよ!」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中