2019年 10月 20日 (日)

テレ朝小川彩佳アナが「リーガルV」最終回に刑事役でゲスト出演 「報ステ」のあの騒ぎは何だった?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   テレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(33)が、13日(2018年12月)に放送される同局系ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」の最終回に、刑事役で出演することがわかった。10日にテレビ朝日が発表した。

   報道畑から一転、まさかの女優デビューで、小川アナも「率直に、驚きました」と話している。

安達祐実を厳しく取り調べる役がお似合いだが...

   小川アナは、2011年4月から今年9月まで「報道ステーション」のサブキャスターを務め、現在はインターネットテレビ局「AbemaTV」のニュース番組「AbemaPrime」でキャスターを務めている。「報ステ」降板時には、同僚のメインキャスター富川悠太アナとの確執による「左遷」とか、嵐・櫻井翔との破局問題などが週刊誌で騒がれたが、ずっと沈黙を守ってきた。今回のドラマ起用を見ると、テレビ朝日との関係は決して悪化してはいなかったようだ。

   小川アナは、小鳥遊翔子(米倉涼子)の京極法律事務所のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)が逮捕された後、厳しく取り調べる刑事を演じる。久しぶりの地上波出演がドラマ、それも取り調べを行う刑事役とは。小川アナも「アナウンサーのドラマ出演というと、劇中のテレビのキャスター役や現場のリポーター役を思い浮かべますが、まさか『刑事役』でオファーをいただくとは。自分のどこに女刑事の要素があるのだろうか、私自身、目を丸くしています」と語っている。意外に似合いそうだ。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中