2019年 5月 25日 (土)

「Pay Pay」早い者勝ち100億円キャンペーン終了!10日間で予定使い切り

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   ソフトバンク・グループが仕掛けたスマホを使ったQRコード決済サービス「Pay Pay」の100億円あげちゃうキャンペーンは、来年3月末(2019年)までの予定だったが、わずか10日で100億円を使い切って、きのう13日(2018年12月)の夜11時59分で終了してしまった。

   「終わりそうだ」といううわさがきのう朝からネットに流れ始め、駆け込み購入が始まった。東京・有楽町のビックカメラでは、「ドローンとキット26万円を買った」(39代公務員)、「掃除機7万円」(40代会社員)、「ゲーム機2万5000円」(20代サービス業)、「パソコンとプリンター12万円」(20代女性)と、客が押しかけ次々に買い物をしていく。終了が告げられてからも、駆け込みは続いた。

駆け込みでスマホ決裁したら大当たりで全額返還

tv_20181214121035.jpg

   「PayPay」は購入額の20%相当がポインで戻り、抽選で全額返金(上限10万円)もあるという大盤振る舞いのキャンペーンだった。ただし、「100億円に達したら終了」というのが、消費者の尻を叩いたのは間違いない。

   リポーターの阿部祐二が、ゲームソフトを探して歩くカップルに密着した。コンビニを回るが、見つからない。5軒目でとうとう「残り15分」になった。ゲーム機は見つからなかったが、「ワインを買いました」

   居酒屋にいたグループは、「10日間で終わるの?」「ここの支払いはいけるよ」というので、終了2分前にPayPayで支払ったところ、40回に1回という幸運に当たって、1万3428円が「全額返還」になった。バンザーイ、バンザーイでみんな上機嫌だった。

銀行や郵貯も参入準備中

   司会の加藤浩次「つい10日前、100億円ってすごいなぁと伝えたばかりでした」

   近藤春菜キャスター「父が20万円のパソコンを買って、10万円戻ったと、すごく明るいメールが来ました」

   加藤「ソフトバンクの狙いは当たったね」

   ミッツ・マングローブ(タレント)「流行語大賞には入れなかったけど」

   犬山紙子(イラストエッセイスト)「こういうの、いろんな会社がやってほしい」

   銀行も郵貯もQRコード決裁に参入するとか。

   加藤「20%は大きい」

   いや、あれはソフトバンクだからできたサービスで、他ではこんな還元はない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中