2019年 1月 17日 (木)

札幌「アパマン」爆発スプレーなんで120本もあったのか?客だまして1本で9000円の儲け

印刷

   札幌の爆発事故の発生元とみられる不動産仲介業「アパマンショップリーシング北海道」の佐藤大生社長は17日、ケガをして入院中の店長からに聞いた話を報告した。店長はスプレー缶120本を噴射し、部屋の中が真っ白になっため外に十数分退避し、部屋に戻って給湯器を使った途端に爆発したという。

   2日後に店内を改装する予定で、溜まっていた120本のスプレー缶の整理をしていた。

tv_20181219125323.jpg

除菌・消臭料金とって実施せず

   なぜ120本もあったのか。この会社は入居前の除菌・消臭を1万円の料金で受け付けていたが、実際は作業せずカネだけ取っていたので、スプレー缶がたまってしまったのだ。

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「これでは詐欺じゃないですか」と憤る。

    スプレー缶の購入代金は1000円程度というから、1本で9000円も設けていたことになる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中